[PR]動画

裏TOP

フェイク女子プロレス 神奈川県高校ギャルレスレジェンド連合

アクセスカウンター

このサイトは、神奈川県さんの教育行政を元ネタにした、フェイク企画です。

【重要なお知らせ】2019年5月1日限りで、現在のギャルレス名称を「ジュパレス」か「ティンレス」に改名すべきかどうか、yume3masaのmyツイッターで発表しましたっ。 適当な管理人ですみませんっ。

本年度から、「ゴールド会員」「サテライト会員」「研修生」の3段階化も検討の視野に入っております。 くわしくは後日お伝えします。

12・30グランプリ結果

優勝:鯨井 準優勝:ごりー

年間MVP=城崎

【グランプリ・オブ・エイト・スタートアップエキシビション】

▼○牛田vs子安

▼×星田&ごりー&隅vs城崎&鯨井○&曽我部

※ごりーのタッチを星田が拒否も、鯨井にピンされる。

明日のGPof8は、このxyz2001のhtml方式HPほか、erina120のmyアメーバブログで生中継します!

第9回グランプリ・オブ・エイト2018(GRAND PRIX OF EIGHT)組み合わせ抽選結果



日時:2018年12月30日(準々決勝から決勝戦まですべて)



第1試合 星田璃々華vsごりーうふぉうふぉ

第2試合 城崎瞳vs曽我部愛里

第3試合 隅真琴vs子安愛梨

第4試合 牛田青葉vs鯨井なつ美



このあと、 第1試合の勝者vs第2試合の勝者および、

第3試合の勝者vs第4試合の勝者でそれぞれ準決勝を戦い、

勝った選手は、決勝進出となります。

百絵丘高校後輩3人トーク集(ブトスポより抜粋)

俺は、myアメーバブログ持ってます。 よろしかったら、こちらもご一読ください。

新団体「ディープベイサイド」へのリンクを貼りました。

「ギャルレス改革2020プラン」を策定しました。

【重要】なぜこれほどまでに、俺の作品が視聴者から評価されない原因を俺なりに分析してみました。

神奈川の県立高校改革関連のローカルニュースを、書きました。

工事中ページ

参戦ご希望、ご意見、ご感想メール(ikemen_masa@yahoo.co.jp)

New!!12・12ギャルレスバックグラウンド旗揚げ25周年記念祭



▼第1試合 ×ボカマン&源摩vsMr.赤珍&大森拓○

※ボカマンが拓をボカアイアンクローで苦しめるが、赤珍がやめろ、やめろと言ってボカマンをはねのける。 その後、赤珍と源摩のドロップキック争いの後、拓が全身でボカマンの顔面を覆いかぶさり、カーフブランディングでピン。

▼第2試合 市川亜樹子&栗田絵美&○蛭間正平(市川亜樹子氏の長男)vs山崎志織&山崎玲央奈&建部駿(山崎志織氏の長男)×

※市川氏と志織が先発し、ランニングボンバー合戦で魅了。 栗田と玲央奈に代わり、アグレッシブなクローズライン合戦で魅了。 でも最後は、大1の蛭間が中3の建部にパイルドライバーで洗礼。

▼第3試合 ○海野詩絵瑠vs南原みどり

※フィンガーホイップやドロップキックが応酬する、昭和の女子プロレスを彷彿させるような戦いが繰り広げられたが、海野がラ・マヒストラルでピン。

▼第4試合 卯月若子&○金子乃梨香&下川亜依瑠vs桜はるな&曽我部愛里×&三芳瀬梨奈

※桜、曽我部、三芳チームが、卯月チームを可愛がるようにいたぶるが、金子が一念発起して、曽我部をタイガースープレックスでピン。

▼第5試合 柳沢恵理奈&○松本建太(小5)vs辰巳千香子×&大森悠(小6)

※柳沢氏と辰巳氏が可愛がった、小学生レスラー2人のデビュー戦。 母親2人のチョップ合戦で魅了したが、建太がねばしつこく辰巳氏に食らいつき、腕ひしぎ逆十字固めで締める。

▼第6試合 峠陽菜&○野々山伊織vs隅真琴×&宮田菜津子

※東海・近畿出身レスラーによる戦い。 峠と隅のアグレッシブなクローズライン合戦で魅了したが、ピンを奪ったのは、野々山。

▼第7試合 日和萌々香&○森ノ木双葉vs星田璃々華×&曽根希

※星田が創立祭優勝者としての意地を見せたいところだったが、同学年チーム・日和と森ノ木の連携により、引っ掻き回されて撃沈。

<休憩15分>

▼第8試合 高見沢紗貴&○平瀬香vs宮脇梨沙子×&摩耶ひじり

※百絵丘高校OG出身のレジェンドによるタッグ。 4人が入れ替わり立ち代りで、アグレッシブなファイトで魅了したが、最年少の平瀬がピン。

▼第9試合 ×牛田青葉&田原桜&片海ゆうかvs子安愛梨&中山絵里花&夏目微莉亜○

※純粋な百絵丘・厚野東両校の在校生の各学年1人ずつによるタッグだったが、厚野東は、厚野商業との統合予定のニュースを聞いたこともあり、戦意喪失がち。 百絵丘・夏目は、牛田に得意技ナ・ツメストラルは使わず、タイガースープレックスでピンを奪った。

▼第10試合 城崎瞳&×緑乃千紗斗vs大森稔○&吉岡美希代

※厚野東高校OGの先輩・後輩の城崎と緑乃としても、意地を見せたいところだが、辰巳氏のご令嬢・稔嬢が奮起。 城崎たちのアグレッシブな攻撃をかいくぐり、緑乃をパイルドライバーでピンした。